家族葬には誰を呼ぶ?声をかける範囲とは

家族葬の最大のメリットとも言える、参列者の人数ですが、家族葬と言うだけあって、家族や近親者、親友など近しい間柄の人のみを集めて、故人と最後の時間を過ごしていただくわけですが、残された家族側からするとどこまでの人を家族葬に呼べば良いのかという点が非常に良く迷われる点だと言えます。

家族葬の前提として、やはり故人の家族にはお声掛けをしなければいけません。しかし、家族の定義は人それぞれです。家族葬を行う際の参列者を選ぶ基準として、直系の家族または故人の子供およびその家族、故人の配偶者の家族、故人の兄弟までとされています。どこまでが家族なのか迷われた際には、この内容に照らし合わせれば問題ありません。もちろん、これはあくまでも一般的な考えのため、誰をどこまで呼ぶのかといった問題は遺族の判断で決定することができます。

しかし家族葬であっても、故人の親友や特に親交のあった方をお呼びした方が良いでしょう。しかし多くの方が故人の交友関係を100%把握しているわけではありません。従って、生前に自分の葬儀に呼んでほしい人のリストを作成しておいてもらうことが一番の解決策となるでしょう。

天光社(https://1000kaze.jp/)をはじめとする各葬儀社では、家族葬を行う際のマナーやそのご家族の事情に沿ったプランを案内しています。家族葬を行う場合のお悩みは、葬儀のプロである葬儀社に相談することがおすすめです。天光社(https://1000kaze.jp/)では事前相談も受け付けています。