家族葬における参列者の優先順位は人数で決まる

家族葬と一言で言っても、家族葬を行う規模はそれぞれの家庭によって異なります。規模が異なれば、参列してもらう人にも変化が生じてきます。家族葬を行う場合には一般的に何名までが好ましいかみなさんはご存知でしょうか?天光社(https://1000kaze.jp/)などの葬儀社が家族葬のプランとして提示している人数は30名程度であることが多いです。それでは家族葬の中でも規模によって、どのような方を呼べば良いのでしょうか?

まずは、最も少ない10名以下で行う家族葬についてです。この場合、人数が非常に少ないので、呼ぶ方の優先順位として、配偶者がいれば配偶者で、子供やその配偶者、そして故人の親や孫というような順番になるでしょう。一般的な考え方ですので、必ずしもこの通りでなくても問題ありません。ただし、家族といっても故人との関係性なども生じてきますので、ケースバイケースによって異なることは予め頭に入れておきましょう。

次いで、20名程度の場合ですが、10名程度の家族に追加して、故人の兄弟や姉妹、そしてその配偶者などが順番としては一般的です。30名の場合は、更に親族関係が広がり、故人のいとこや甥、姪なども含まれてくるでしょう。

このように家族葬を行うにあたって呼ぶ人は、一般的な考えがあります。天光社(https://1000kaze.jp/)では様々なケースを想定して、そのご家族にあったアドバイスをしています。