家族葬に呼ばない人への連絡はいつ行うべき?

家族葬は、故人のご家族や親しかった友人など少人数で行うことにより、故人との最後の時間をゆっくり過ごすところに非常にメリットがある形式です。近年では、こちらの家族葬の方が需要が出てきておりますが、最近になって出てきた形式ですので、家族葬を行う時のマナーなどがまだまだ認知されていないというケースがあります。

その一つとして挙げられることが、家族葬に呼ばなかった方への対応です。一般の形式では、お通夜や告別式に参列者がたくさん来ますが、家族葬ではそのような方達を呼んでいない為、呼ばない方達への対応が非常に重要です。

一般的には、家族葬が全て終わった後に、そのような方達には連絡をするため、家族葬を行う旨の連絡は事前にしません。理由としては、連絡をもらってしまうと行って良いのかいけないのかの判断に迷ってしまわれる方がいらっしゃるからです。葬儀を行う前に訃報を伝えたい方がいるのであれば、家族葬で葬儀を行うため参列を控えてほしい旨を伝える必要があります。

天光社(https://1000kaze.jp/)では、このような一般的なマナーも含めて、丁寧に教えてくれますので、故人の知り合いなどに失礼のないように対応することができます。もし、家族葬の概要をまだ詳しく知らない方は天光社(https://1000kaze.jp/)が行うセミナーに参加することで、葬儀の基本的な知識を身に着けることができます。