家族葬を行うときの親族へ連絡方法

故人を見送る儀式の中で、今注目を集めている形式が家族葬です。天光社(https://1000kaze.jp/)では多くの家族葬をサポートしています。家族葬は、少人数でしかも費用もあまりかかりませんので、多くの方がこの家族葬で故人を見送っています。そんな家族葬ですが、お亡くなりになったあとの家族や知り合いなどへの連絡はどのような形で行っているのでしょうか?

家族葬を行う場合、1点だけ注意事項があります。それが、故人がお亡くなりになる場合に事前に親族に連絡を入れておくことです。不謹慎ではありますが、故人が危篤状態になってしまった場合は悲しみに浸りますが、お亡くなりになった後のことも考えなくてはいけません。従って、危篤になった場合はまず初めに親族にこの旨をご連絡して下さい。一般的には二等親から三等親までの血縁関係がある方には、連絡をするのが一般的です。その他に兄弟などの親族にも連絡が必要です。

天光社(https://1000kaze.jp/)では、このような事前連絡の必要性や内容を細かく教えてくれます。いざ家族葬を行うことになった場合、ご遺族である方達が対応に困らないように一から全てを教えてくれる葬儀社は頼れる存在です。